料理人おすすめのフライパン

料理人おすすめのフライパン

ここでいう料理人とはプロの人だけに限ったことではありません。

シェフといわれる人はもちろん、家庭においてもプロ並みにお料理のできる人を含めます。

有名シェフの台所には鉄のフライパンがいくつも壁にかけてあるそんなイメージが私にはあります。

これは肉用、これは魚、パスタ、ソースというようにそれぞれの匂いが食材につく事が無いように別々に調理する為です。

いくつもある鍋をよく手入れをして自分の手に馴染ませているといった感もあります。

こういったプロのおすすめの鍋は普通の人にはなかなか扱えないかもしれません。

では家庭の料理人はどうでしょう。

おすすめのフライパンはもちろんあると思います。

料理の好きな人にとって、調理道具は基本中の基本だと思いますし、たくさんの数はなくてもこだわりの鍋があると思うのです。

それを大事に大事に手入れをしながら使い込んでいくことで、その人にあった鍋になっていくというようなそんな感じでしょうか。

その点においてはプロも家庭の料理人も同じですね。

楽器が弾く人によって変わるように鍋もそうかもしれません。

陶器やガラスのフライパン

私が小さい頃、陶器の鍋でおこわなどを作っていた記憶があります。

思えば高熱で耐えられるものがあったんだなと驚きですが、今もあるのでしょうか。

調べましたら、ガラスや陶器のフライパンは普通にありました。

考えてみれば耐熱皿があるわけですから、昔以上にいい鍋がありますよね。

ある人のおすすめのガラスのフライパンは炒めたり、煮たりができて、違和感なく食卓に置けるそうです。

一気に高温でこんがり焼くということはできないでしょうが、じっくり煮ることも、保温にも優れていることもあって土鍋感覚で使う人も多いようです。

蒸したりすることもできますから、お菓子や飲茶などにもいいですね。

おすすめのフライパンで料理が楽に

少し重いことと、落としたりぶつけたりしたらもちろん割れますが、その点が難点といえば難点でしょうが、今話題の無水鍋としても注目されていますから、一つくらいは持っていてもいいかもしれません。

陶器のフライパンで炊きこみご飯を作ったらお焦げがとても美味しいそうですからおすすめの一品となるかもしれません。